日常

怖くない!乳がん検診

こんにちは、もここです。

先日、胸のしこりと痛みがあったため、乳腺リニックへ行ってきました。

 

私は毎年7月に乳がん検診を受けていて、自宅でも時々セルフチェックをしていたのですが、初めて自分の胸に「ゴリゴリ」としたものがあることに気づき、すごく怖くなり、パニックになってしまいました。

 

しかし、毎年検診に行っていたこともあり、「どんな検査をされるのか」「早期発見は大切」「もし乳がんになっても気持ちを共感してくれるコミュニティーがある」など知識としてあったため、すぐに冷静さを取り戻し、翌日クリニックに行き診察・検査を受けることができました。

結果「乳腺嚢胞」であり、治療の必要はないとのことでした。

 

f:id:ramocoisthebest:20210213000907j:plain

国立がん研究センターがん情報によると、

日本人女性が生涯で乳がんに罹患する確率は9人に1人(2017年情報)となっていて、乳がんによる罹患率・死亡率ともに年々増加しているそうです。

 

しかし日本は未だに、乳がん検診の受診率が低く

乳がん検診の国際比較】

アメリカ:80.8%

イギリス:75.9%

オーストラリア:55.0%

日本:41.0%

と言う結果が出ていました。

参考:厚生労働省「平成30年度がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン」

 

乳がんが増加した主な理由は、食生活の欧米化や、女性の社会進出などがあるといわれていて、死亡率の増加は検診率の低さが関係していると言われています。

欧米では検診受診率が上がっているため、早期発見できる人が増え、死亡率は減ってきているそうです。

 

乳がんは早期発見できれば95%以上が治るといわれていて、むしろ検診を受けずにいて発見が遅れる方が怖いと思います。

 

では、日本人女性が乳がん検診を受けない理由はなぜなんでしょうか?

乳がん検診を受けたくない理由

  • 乳がんです」といわれるのが怖い
  • 検診は痛いし、恥ずかしい
  • 仕事や子育てで忙しい
  • 費用が高い

乳がんです」といわれるのが怖い

検診で乳がんが見つかるとショックを受けるのは当たり前です。しかし、検診を先延ばしにしても、いい事はひとつもありません。

自覚症状がないうちに乳がんを発見するための検診です。

検診は痛いし、恥ずかしい

最近では女性の技師さんが増えてきて、乳腺専門のクリニックなどは、ほぼ女性の技師さんが検査をしてくれます。

私は何度も検査を受けているので、だいぶ慣れてきたし、検査技師さんも羞恥心に対する配慮もきちんとしてくれるので、恥ずかしい気持ちはだいぶ薄れてきました。

むしろ恥ずかしがっていると、検査に時間がかかってしまい、そっちの方が私は嫌だなと思っています。

マンモグラフィー検査は多少の痛みを伴いますが、ゆうても数分我慢するだけです。

あと、私は検診を受けた日は、ご褒美も兼ねて少し贅沢なランチを食べるようにしています。

検診の日に楽しみを作っておくと、気持ち的にも楽になります。

忙しい

平日の日中は仕事で忙しい人であれば、今は土日や夜に受診できるクリニックもあります。

費用が高い

40歳以上からは各自治体送付する「検診クーポン」というのがあり、検診を無料もしくは割引価格で受けることができます。

40歳以下の方は、検診費用は全額自己負担となり、マンモグラフィー検査5,000円前後、超音波検査4,000円前後かかってしまいます。

f:id:ramocoisthebest:20201215202659j:plain

乳がん検診を受けるのは自分で自分の命を守るため。

検診を受けるまでは憂鬱な気分になるのですが、1度検診を受けてみると、「あっ、検診ってこんなモンなんや」と思えるので、怖がらず受けて欲しいです。

-日常

© 2021 もここナースの独り言 Powered by AFFINGER5