コロナ病棟

監視してる?

こんにちは、もここです。

コロナ病棟へ異動になってから、病院のロッカーなどで元部署のスタッフに会うことがあるのですが、みんな必ず決まって「コロナ病棟の患者数●人やな」「ADL(日常生活動作)自立してる人多そうやな」「受け持ち人数少なそう」など言ってこられます。

やたらコロナ病棟について詳しいことにビックリしたし、その一方で”コロナ病棟って監視されている!?”と思ってしまいゾッとしました。電子カルテで他部署の情報は簡単に知ることができます)

f:id:ramocoisthebest:20210126162307j:plain

確かに、コロナ病棟のベッド数は一般病棟の半数で運営されており、患者さんの受け持ち人数も、元部署に比べたら格段に少ないのは事実です。そして、それだけを見て「コロナ病棟は楽をしてる」と思っている他病棟のスタッフもちらほらいてると聞きました。

ただ、一般病棟と大きく違うところは、感染リスクが高い環境の中で働いており、いつ感染するかわからない不安、PPE(個人防護具)による苦痛・疲労感などは比べものになりません。

そして、年齢が若くても、呼吸器症状が出ていたり、高熱がずっと続いていると、看護援助は必要となってくるし、急変のリスクが高いため、常にモニターとにらめっこしています。

高齢者の入院も多く、認知症・せん妄との戦い、吸引・食事介助時の咳嗽による感染リスクなど・・・言い出したらキリがありません。

そもそもコロナ病棟は特殊な部署であって、一般病棟と比べてしまうのが間違っているのでは?と私は思います。

f:id:ramocoisthebest:20210126165443j:plain

色々意見があるのは個人の自由だし、仕方のないことなんですが、会うたびに元部署の人からコロナ病棟の患者さんの話をされるのは不愉快でしかないし、そもそも患者さんの個人情報を他部署からチェックすること自体問題行為なんですけどね・・・。

最後に、みんな色々言うて来るけど、コロナ病棟人員選出の時に、「行きたくない」って断ってたやんな!といつも心の中で思っています。

-コロナ病棟

© 2021 もここナースの独り言 Powered by AFFINGER5