コロナ病棟

入院継続を希望します!ムリよ〜

こんにちは、もここです。

コロナ病棟で入院している患者さんの中には、「帰宅願望が強い」「やたら外出したがる」患者さんはちょくちょく見かけていたのですが、最近では「入院継続を希望」する患者さんも増えつつあります。

退院したくない理由として、「症状は改善したが、自宅に帰って再度症状が悪化しないか心配」「本当に他人に感染させないか心配」「味覚がもどっていないのに大丈夫なのか」など様々な理由があるみたいです。

しかし、新型コロナウイルス感染症に関しては退院基準というものが設けられていて、医療崩壊が始まっている今、基準を満たせば速やかに退院するよう自治体も呼びかけています。

f:id:ramocoisthebest:20210123223101j:plain

新型コロナウイルス感染症患者の退院(療養または隔離解除)基準

☆発熱等の症状が出てから7〜10日程度経つと、新型コロナウイルス感染者の感染性は急激に低下し、PCR検査で検出された場合でも、感染性は極めて低いことがわかってきている。

☆退院のための陰性確認検査は求められていない。

引き続き基礎疾患等の治療や療養が必要な方は、新型コロナウイルス感染症患者受け入れ病院から、一般の病院機関への転院となる。

☆念のため退院後4週間は、ご自身で健康管理(毎日の体温測定など)をおこなうようにする

軽症/中等症

発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合。

→症状軽快とは、解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状が改善傾向にあることをいう。

重症および免疫不全

発症日から少なくとも20日間経過しており、かつ、症状軽快後72時間経過した場合。

無症状

検体採取日から10日間経過した場合。

f:id:ramocoisthebest:20210123230227j:plain

PCR検査において連続して2回の「陰性」が確認された場合に、上に示す期間より早く退院等となることがある。

PCR検査において「陽性」が確認された場合でも、上記の基準を満たせば退院等となる。

☆上記基準を満たす前に、再度症状が出た場合や無症状の方で新たに症状が出た場合は、退院等までの期間が延長となる。

☆令和2年12月25日以降、英国、南アフリカから入国され、新型コロナウイルス感染症と診断された方の退院にあたっては、原則、連続して2回のPCR検査による陰性確認が求められる。

厚生労働省退院基準をもとに記載1/25現在)

-コロナ病棟

© 2021 もここナースの独り言 Powered by AFFINGER5