コロナ病棟

ありがたいお話?

こんにちは、もここです。

先日、ジャニーズ事務所が社会貢献活動「Johnny's Smile Up! Project」の一環として、日本看護協会に5億円を寄付したことが発表されました。

www.johnnys-net.jp

気になる基金の使途ですが、

  • 認定看護師の育成に関する事業
  • 看護師等学校養成所への支援事業

だそうです。

f:id:ramocoisthebest:20201223130351j:plain

それ、今!?

今すぐいる!?

それよりどんどん看護師辞めていってるで〜!

なんとも破茶滅茶な考え!さすが、日本看護協会

お金のこと、ましてや寄付金の使い道に関してとやかく言う筋合いはないのですが、あまりにも現場で働く看護師のことをスルーしすぎじゃないかと。

ジャニーズ事務所として、「看護師の笑顔が見たい」という思いが込められたお金なのに、この話を聞いた現場の看護師は誰ひとり”Smile”になった者はいません。

「今ある現状をきちんとアセスメントしたのかな?」

「優先順位をきちんと考えたのかな?」

「相手の立場になって考えたかな?」

「自分の思いだけでやっちゃってないかな?」

「こんな看護計画だったら、いい看護はできないよ。」

「もう一回やり直してきて」

この文言は学生の頃から耳が痛くなるほど先輩ナースに言われ続けられた言葉です。

今まで学んできたことをもう一度思い出して、アセスメントをやり直し、(看護)計画の追加・修正をして欲しいものです。

f:id:ramocoisthebest:20201223130211j:plain

〈もここのアセスメント〉

看護師にはジャニオタがたくさいて、彼らの顔を見るだけで1日中、元気いっぱいに働ける強者がたくさんいてる。ましてや、大好きなアイドルからの応援となると、なおさらがんばれる。

大好きなジャニーズから応援してもらっているという証が欲しい。

ジャニーズ側は看護師の笑顔が見たいとご希望されており、その気持ちを尊重していく必要がある。

〈もここが考える計画〉

毎日疲弊し、辞めたいと思っているジャニオタ(間違った!看護師)が笑顔になるよう、その5億円でジャニーズグッズ(ボールペンが有難い)を購入し、現場で働く看護師に支給する。

ちょっと違うか・・・(笑)

私もアセスメントやり直して、(看護)計画の追加・修正してきまーす!

 

ジャニーズの皆様、ご支援ありがとうございました。

-コロナ病棟

© 2021 もここナースの独り言 Powered by AFFINGER5