コロナ病棟

ついにこの日が・・・

こんにちは、もここです。

ある日の出来事。

患者さんの情報収集していると、話があると師長さんに呼ばれ「何かやらかしたか!?」と、ここ最近の出来事を一生懸命思い出し、おそるおそる師長さんと共にスタッフルームへ。部屋に入りたわいもない会話をおこなった後、しだいに内容がコロナに関する話題へ。なんか嫌な予感がするなと思ったら突然、

 師長さん率直に言うね。申し訳ないけど、コロナ病棟で働いてくれないかな?

f:id:ramocoisthebest:20201128153841j:plain

「へっ!?アテクシ?アタクシですの?」

「感染とか大丈夫??」

「また父ちゃん、母ちゃんに会われへんくなるやん」

「婚活できへんくなるやん」

その他にも、特殊な環境の中での業務、寄せ集めのスタッフで作られた病棟、出口の見えない不安、今後の生活をどうしていけばいいのかなど、怒り・悲しさ・虚さ・・・、色んな感情が頭の中をめぐりました。

まさに「人生オワタ\(^o^)/」

f:id:ramocoisthebest:20201125212511j:plain

しかし、よくよく考えてみると、

独身・ひとり暮らし・そこそこの経験者

コロナ病棟の人材としてはパーフェクト・オブ・パーフェクトいや、コロナ病棟のために生きているといっても過言ではない逸材。

恨みます、婚活で失敗していることを

恨みます、高い家賃払ってひとり暮らしをしていることを

恨みます、何年も看護師してきたことを

そしてきわめつけは、ナース界特有の精神自己犠牲・イズ・ザ・ベスト

自己犠牲で成り立つナースの世界で育ってきた私は、断ることの恐ろしさを誰よりもよく知っている。これはパワハラではなく、洗脳。

「私が行かなくて誰が行くんですかー!」

「頑張ってきまーす!・・・」

「まーす!・・・」

この世界で生き抜いていくためのベストな選択・・・

-コロナ病棟

© 2021 もここナースの独り言 Powered by AFFINGER5